ACE英会話外国人講師

 

              

 

  ACE英会話の外国人講師は全員、英語を母国語としない人たちに英語を上手に教えることができる語学教育のプロフェッショナルです。
ACE英会話は厳しい基準で応募者を審査の上ひとりひとり面接しACE英会話外国人講師に相応しい人のみ採用しています。また採用を決めた講師の適性を十分に判断した上で、担当生徒を絞込んでいます。
 

 

  ■講師採用試験  
  T.1次書類選考基準  
 
  1. 英語が母語(英語のネイティブスピーカー)であること。
     
  2. 日本で働く正式な許可があること。
     
  3. 学士(4年制大学卒業)以上の教養があること。
     
  4. 英語を母国語としない人たちに英語を教えた経験があること。
     
  5. 日本での住所や身元が確かなこと。
 
     
  U.2次面接選考基準  
 
  1. 国際社会で十分通用する、訛りのない英語を話せること。
     
  2. ACE外国人講師として英語を教えるにのに相応しい人格と
    教養を兼ね備えていること。
     
  3. 英語を教えることに情熱を持ち、生徒の為に努力を惜しまな
    い姿勢があること。
     
  4. 英語を上手に教えられる知識、能力、技術を持っていること。
     
  5. 日本(文化・経済・風俗習慣など)および日本人に興味を持
    ち、英語で日本人生徒と異文化間コミュニケーションを積極
    的に行いたいという意思と態度があること。

 

 
  ■講師適性判断  
  様々な日本人学習者に英語を教えるという観点から、次のような講師適性判断基準に則って、各講師の教授適性を判断して担当可能な生徒層を絞り込んでいます。ですから、子供が苦手な講師に小学生を担当させたり、ビジネス経験が十分にない比較的若い講師にビジネスピープルを担当させたりすることはありません。各講師がその能力を一番発揮できるであろう生徒のみ担当します。  
     
  小学生に上手に英語を教えられる適性  
 
  1. 子供が好きか?
     
  2. 子供の興味を十分に理解し、英語で子供とコミュニケーションが取れるか?
     
  3. 子供が飽きない楽しいレッスンを実践できるか?
 
  中学生・高校生に上手に英語を教えられる適性  
 
  1. 10代の若者(teenagers)が好きか?
     
  2. 10代の若者の興味を十分に理解し、英語での異文化間コミュニケーションが可能か?
     
  3. 日本の中学高校で学ぶ学校英語を理解し、10代の若者に相応しく有益な英語レッスンを実践できるか?
 
  大学生に上手に英語を教えられる適性  
 
  1. 大学生との英語でのコミュニケーションに積極的か?
     
  2. 日本人大学生の興味を十分に理解し、英語で様々なトピックについて楽しく有益な会話をすることができるか?
     
  3. 日本人大学生の英語での異文化間コミュニケーション能力を効果的に高めるレッスンを実践できるか?
 
  一般の大人(主婦、シニア、社会人)に上手に英語を教えられる適性  
 
  1. 一般の大人との異文化間コミュニケーションに積極的か?
     
  2. 主婦・シニア・社会人それぞれの興味を十分に理解し、英語で様々なトピックについて楽しく有益な会話をすることができるか?
     
  3. 日本人(成人)の英語での異文化間コミュニケーション能力を効果的に高めるレッスンを実践できるか?
     

 

 
  ビジネスピープル(会社員、OL、会社経営者、自営業者)に上手に
英語を教えられる適性
 
 
  1. ビジネスピープルとの異文化間コミュニケーションに積極的か?
     
  2. 日本人ビジネスピープルの興味を十分に理解し、英語で様々なビジネス関連トピックについて楽しく有益な会話をすることが出来るか?
     
  3. ビジネスピープルが必要とするビジネス英語やTOEIC/TOEFL/英検など
    資格試験対策に効果的なレッスンを実践できるか?

 

 
  ■オリエンテーション(教授研修)  
  上記のとおり、十分な適性と教受経験のある講師がレッスンを担当しますが、実際に担当する生徒が決まるたびにES教務担当者は講師に対してオリエンテーションを実施し、次のような情報伝達および教授アドバイスを行います。
 
 
  担当生徒情報の伝達  
 
  1. 住所、年齢、学年/職業
  2. 英語学習経験
  3. 英語学習目的
  4. 希望レッスン形態、曜日、時間帯など
 
  使用教材・カリキュラム  
  レッスンで使用する教材(テキスト、オーディオCD、フラッシュカードなど)を渡し、上記担当生徒情報に基づいて実際のレッスン方法やカリキュラムについて教授アドバイスを行います。
 
 
  レッスンの準備と実践  
  講師は各教材の趣旨をよく理解した うえでレッスンを準備し効果的な
レッスンを実践することを促されます。
 
 

  

HOME